ソニーストレージメディアマニュファクチャリング㈱による交通安全運動の取り組み(塩釜地区)

塩釜地区安管会員事業所であるソニーストレージメディアマニュファクチャリング㈱では、秋の交通安全運動期間中前後に以下の活動を行いました。

9月12日、事前活動として構内常駐会社への安全運転者講習会を実施しました。塩釜警察署交通課長を講師に招き、デクセリアルズ㈱社員51名が聴講しました。

9月17日、全社員約1,200名に運動の周知と交通安全を呼びかけるメールを配信しました。また、9月18日から30日までの期間、通用門・食堂・エレベーターホールなど事業所内7か所に交通安全運動のポスターを掲示、20日から30日までの期間、正門と西門に安全旗やのぼり旗合計12本を掲示し、社員への周知を図りました。

9月24日、通用門(正門・西門)にて社員12名により出勤者に交通安全の呼びかけとチラシ702枚を配布しました。

9月26日、塩釜地区事業主会・安管会主催の交通事故防止街頭キャンペーンに社員2名が参加しました。松島町国道45号線下り双観山駐車場にて通行車両に啓発品を配布し、安全運転を呼びかけました。

9月30日、多賀城市八幡小学校前交差点にて行われたニラめ作戦にソニー仙台FCメンバーを含む社員8名が参加しました。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。